会社設立・事業の法人化・融資支援・税理士業務で経営サポート

有馬公認会計士・税理士事務所

経営革新等支援機関(認定支援機関)
〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目24番3号 グランズ亀戸3階

JR中央総武線・東武亀戸線 亀戸駅徒歩4分
JR中央総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩10分

面談で対応致します

お気軽にお問い合わせ下さい

対応地域:東京都23区内とその周辺
千葉県西部他
受付時間:平日9:30~17:30
お問合せフォームからは24時間対応
不動産の法人化以外の初回面談は無料

03-5875-0315

一般的な業種の会社の預金口座開設選びは中小企業は信用金庫などがお勧めです

会社設立など事業を行う場合は、会社名義の口座を開設することになりますが,通常の中小企業であるならば都市銀行よりもまず地方銀行・信用金庫等をメイン口座にすることをお勧めします。
それは、会社預金口座開設の基準も甘く、融資も都市銀行よりも通りやすく、サービスが充実しているためです。
都市銀行は最近は犯罪目的に使用されることを恐れて口座開設ができないケースなどもありますが、信用金庫等であればほとんどの場合、会社の預金口座開設が容易です。
また、預金口座を開設した後の人によるアフターフォローなども充実しています。
都市銀行にとっては大企業がメイン顧客で中小企業に対するサービスは後回しのケースが多くなります。

信用保証協会の利用の観点からも信用金庫の会社口座開設をお勧めします

信用保証協会を利用した融資は、最低限信用保証協会の融資と金融機関の審査がありますが、金融機関でも信用金庫が融資の基準が通常は甘くなります。
都市銀行は信用保証協会の融資審査を通過しても、融資不可になる可能性が高くなります。
その点、会社設立当初の融資に日本政策金融公庫を利用した場合であっても、その後信用金庫に融資を依頼する場合もあり得ますが、長く付き合う人間関係も重要になります。
都市銀行などにも会社の銀行口座を開いても良いかと思いますが、あくまでサブの預金口座にして規模が小さい間は地元で良く見かける信用金庫かもしくはせめて地域密着の地方銀行をメインで利用することをお勧めします。

金融機関との良い関係づくりが事業成功では重要です

事業は自営業でも会社でも資金繰りがつかなくなれば倒産なのですから、特に融資が必要となる開業に設備投資が大きくなるまたは開業後の運転資金が大きくなる事業では金融機関との良い関係づくりが必要です。

事業の内容からして融資が経常的に必要な業種の場合は、特に良い金融機関付き合いの構築という観点からも預金口座選びは慎重に行ってください。

お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

不動産の法人化以外の面談は無料

03-5875-0315

営業時間:9:30~17:30(土日祝を除く)

お問合せフォームからは24時間対応

対応地域:東京都23区内とその周辺、千葉県西部他対応となっております。
基本的に亀戸駅・錦糸町駅から訪問時間1時間前後までであれば対応可能です。




 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら