会社設立・事業の法人化・融資支援・税理士業務で経営サポート

有馬公認会計士・税理士事務所

経営革新等支援機関(認定支援機関)
〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目24番3号 グランズ亀戸3階

JR中央総武線・東武亀戸線 亀戸駅徒歩4分
JR中央総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩10分

面談で対応致します

お気軽にお問い合わせ下さい

対応地域:東京都23区内とその周辺
千葉県西部他
受付時間:平日9:30~17:30
お問合せフォームからは24時間対応
不動産の法人化以外の初回面談は無料

03-5875-0315

所得税の生命保険料控除は最大12万円ですが、会社負担であればそのような限度も気にせず生命保険等に加入できます

所得税は制約が多く、生命保険料控除は最高でも年12万円しかありませんが、会社であれば会社を契約者(保険料負担者)、役員を被保険者にすれば、そのような上限はありません。
このように会社形態の魅力は、所得税のような複雑な所得区分や厳しい経費不算入の要件がないため、会社経費扱いで実質的に所得税節税も可能なことです。
個人では経費扱いできなかったものが、会社名義になると経費扱いになるというのは不思議ですが、多額の役員報酬を支払う前に、まず、会社名義で同じことを行うとどうなるかを考えてみることをお勧めします。

なお、生命保険でも商品によって最近は全額損金にできるというものや1/2が費用、残り1/2が積立金にする等取り扱いが異なりますので、契約前にそのサービについて事前に当該生命保険会社等に詳しく取り扱いを確かめておくことが必要です。

 

会社の生命保険等で退職金の原資作りもできます

法人は退職金をそのまま積み立てても経費になりませんが、生命保険等を活用し、法人を契約者、被保険者を役員、保険金受取人とすれば支払保険料の全部または一部を損金算入できます。
これにより個人で自営業だと退職金もない一方、法人では退職金作りに生命保険を利用できます。
役員退職金の財源を積み立てる場合、解約返戻金も考慮し、加入する生命保険を利用し、法人税の節税を図りつつ、退職金の原資作りも会社では生命保険金を利用して可能になります。

お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

不動産の法人化以外の面談は無料

03-5875-0315

営業時間:9:30~17:30(土日祝を除く)

お問合せフォームからは24時間対応

対応地域:東京都23区内とその周辺、千葉県西部他対応となっております。
基本的に亀戸駅・錦糸町駅から訪問時間1時間前後までであれば対応可能です。




 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら