会社設立・事業の法人化・融資支援・税理士業務で経営サポート

有馬公認会計士・税理士事務所

経営革新等支援機関(認定支援機関)
〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目24番3号 グランズ亀戸3階

JR中央総武線・東武亀戸線 亀戸駅徒歩4分
JR中央総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩10分

面談で対応致します

お気軽にお問い合わせ下さい

対応地域:東京都23区内とその周辺
千葉県西部他
受付時間:平日9:30~17:30
お問合せフォームからは24時間対応
不動産の法人化以外の初回面談は無料

03-5875-0315

不動産の法人化と小規模宅地等の特例

不動産の法人化と小規模宅地等の特例について

賃貸不動産を所有している方であればご存じなので小規模宅地等の特例だと思います。

不動産の法人化と小規模宅地等の特例についてご紹介します。

不動産の法人化小規模宅地等の特例の適用の関係

従前は不動産の法人化を行い、通常の地代の支払があれば特に不動産賃貸の事業年数等は問わずに貸付事業用宅地等として小規模宅地等の特例の対象となっていました。

小規模宅地等の特例では平成30年度改正で平成30年4月1日以後は、相続開始3年以内に新たに貸付事業の用に供された宅地等は貸付事業用宅地等の対象から外されることになりました。

当該改正は不動産の法人化を行った場合も該当するため、今から不動産の法人化を行おうとすると法人化後3年間は小規模宅地等の特例が受けられないリスクを抱えながら不動産の法人化を行わなければならなくなります。

人はいつ不幸が訪れるか分からず、若くしてもなくなる可能性があるため、不動産の法人化がリスクが高くなったのは確かです。

小規模宅地等の特例の限度面積を大きく上回るほど不動産を所有しているということであれば限度面積が超える部分は法人化を実行する等の対応が考えられますが、皆がそのような対応をできるわけでもありません。

そのため、これから不動産の法人化を検討する場合は小規模宅地等の特例が適用できないリスクも加味する必要があります。

不動産の法人化と小規模宅地等の特例

お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

不動産の法人化以外の面談は無料

03-5875-0315

営業時間:9:30~17:30(土日祝を除く)

お問合せフォームからは24時間対応

対応地域:東京都23区内とその周辺、千葉県西部他対応となっております。
基本的に亀戸駅・錦糸町駅から訪問時間1時間前後までであれば対応可能です。




 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら