会社設立・事業の法人化・融資支援・税理士業務で経営サポート

有馬公認会計士・税理士事務所

経営革新等支援機関(認定支援機関)
〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目24番3号 グランズ亀戸3階

JR中央総武線・東武亀戸線 亀戸駅徒歩4分
JR中央総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩10分

面談で対応致します

お気軽にお問い合わせ下さい

対応地域:東京都23区内とその周辺
千葉県西部他
受付時間:平日9:30~17:30
お問合せフォームからは24時間対応
不動産の法人化以外の初回面談は無料

03-5875-0315

非課税財産からみた相続税節税

非課税財産からみた相続税節税

相続財産でも相続税での相続財産に含めないとされている非課税財産を生前に購入しておくことも相続財産を減らすことを通じて相続税対策にはなります。
後で処分に困るような非課税財産を購入しても相続発生後に処分に困ってしまいますが、特に処分に困らないと思われるものをご紹介してみます。

 

生命保険による相続税節税

別に生命保険会社の手先ではないですが、生命保険も相続税対策として相続財産を減らすことを通じて相続税対策にはなります。
制度趣旨は不明ですが、生命保険は


500万円×法定相続人の数


の金額だけは相続税の非課税財産となります。
そのため、生命保険で結局掛け金と比べて損得なしの結果であっても生命保険金が相続税の非課税財産になることを考えれば生命保険が相続税対策になるというのはあながち間違いではありません。

 

退職慰労金による相続税節税

退職慰労金についても生命保険の場合と同様には


500万円×法定相続人の数


の金額だけは相続税の非課税財産となります。
そのため、会社を経営しているのであれば退職慰労金の支給により節税になります。
このあたりは、工夫してみることをお勧めします。

墓の購入による相続税節税

相続発生後に購入しても非課税にはならないのに被相続人の墓を生前に購入しておけば非課税財産なので、墓が必要なのであれば生前に購入しておけば相続税節税にはなります。
ただし、墓と言っても換金性も高く、相続税逃れで相続発生後に売却して換金しようというものであると税務調査等で非課税財産と認めてもらえない場合もあるので注意しましょう。

 

非課税財産からみた相続税節税

お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

不動産の法人化以外の面談は無料

03-5875-0315

営業時間:9:30~17:30(土日祝を除く)

お問合せフォームからは24時間対応

対応地域:東京都23区内とその周辺、千葉県西部他対応となっております。
基本的に亀戸駅・錦糸町駅から訪問時間1時間前後までであれば対応可能です。




 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら