会社設立・事業の法人化・融資支援・税理士業務で経営サポート

有馬公認会計士・税理士事務所

経営革新等支援機関(認定支援機関)
〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目24番3号 グランズ亀戸3階

JR中央総武線・東武亀戸線 亀戸駅徒歩4分
JR中央総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩10分

面談で対応致します

お気軽にお問い合わせ下さい

対応地域:東京都23区内とその周辺
千葉県西部他
受付時間:平日9:30~17:30
お問合せフォームからは24時間対応
不動産の法人化以外の初回面談は無料

03-5875-0315

相続の承認又は放棄

相続の承認又は放棄

相続があったと場合、単純に財産を相続するとは限らず、相続の方法は単純承認・限定承認・相続放棄の3つのいずれかを選択できます。
そこで、これらの方法につきご紹介します。

 

相続の承認又は放棄

相続があったことを知った日から3ヶ月以内(熟慮期間)に相続の承認又は放棄を行わなければなりません。
何も手続きをしないと単純承認となり、相続人はプラスの財産のみならずマイナスの財産(借金等)も相続してしまいます。
 
この場合の承認には以下の3種類が存在します。

 

単純承認無限に被相続人の権利義務を承継
限定承認相続によって得た財産を限度に被相続人の債務や遺贈の義務を負担
相続放棄相続財産は一切相続しない

 

限定承認や相続放棄を選択する場合は、3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きが必要となります。
なお、単純承認とみなされる場合として以下の3つが存在します。
 
・熟慮期間内に限定承認又は相続放棄をしなかった場合
・いずれかを選択する前に相続財産の全部又は一部を処分した場合
・限定承認又は相続放棄を行った後に相続財産の隠匿、消費等を行った場合

限定承認とは

限定承認とは、相続によるプラスの財産を限度として、被相続人の債務又は遺贈を弁済する方法です。
限定承認を利用するケースとして例えば
・プラスの財産よりマイナスの財産の方が多いが、プラスの財産の中に相続したい財産がある
・相続財産がどれだけあるのか分からないので、純額でマイナスの財産を相続しないように相続を行いたい
といったケースが考えられます。
 
限定承認を行う場合は、相続があったことを知った時から3ヶ月以内に被相続人の住宅地の家庭裁判所へ相続人全員で申述しなければならないとされています(民法923、924)。

相続放棄とは

相続放棄とは、プラスの財産、マイナスの財産を一切引き継がないことをいい、限定承認とは異なり、相続人単独で家庭裁判所にその旨を申述します。
相続放棄を選択する例としては例えば
・明らかにマイナスの財産の方が多いので相続をしたくない
・プラスの相続財産のほうがマイナスの相続財産よりも多い場合でも相続争いに巻き込まれたくない
というケースが考えられます。
 
この相続の放棄があった場合、相続人が変更になったり、法定相続分が異なる場合が生じることがあります。
 
・相続人が変更になる場合の例:被相続人には子がいるが子全員が相続放棄すると相続順位が

相続順位相続人
第1順位配偶者と子
第2順位配偶者と直系尊属
第3順位配偶者と兄弟姉妹

 

なので、相続順位が第2順位に移り、配偶者と直系尊属が相続人になり、相続人が変更になります。
 
・法定相続分が異なる場合の例:被相続人には子が3人、配偶者が存在するという場合、法定相続分は
放棄がなければ 配偶者1/2、子は1/2☓1/3=1/6
ですが、
放棄があると
配偶者1/2、子は1/2☓1/2=1/4
となり、法定相続分が異なってきます。

相続の承認又は放棄

お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

不動産の法人化以外の面談は無料

03-5875-0315

営業時間:9:30~17:30(土日祝を除く)

お問合せフォームからは24時間対応

対応地域:東京都23区内とその周辺、千葉県西部他対応となっております。
基本的に亀戸駅・錦糸町駅から訪問時間1時間前後までであれば対応可能です。




 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら