会社設立・事業の法人化・融資支援・税理士業務で経営サポート

有馬公認会計士・税理士事務所

経営革新等支援機関(認定支援機関)
〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目24番3号 グランズ亀戸3階

JR中央総武線・東武亀戸線 亀戸駅徒歩4分
JR中央総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 徒歩10分

面談で対応致します

お気軽にお問い合わせ下さい

対応地域:東京都23区内とその周辺
千葉県西部他
受付時間:平日9:30~17:30
お問合せフォームからは24時間対応
不動産の法人化以外の初回面談は無料

03-5875-0315

相続における法定相続分

相続における法定相続分

法定相続分とは、民法で定められている被相続人の財産の相続人ごとの按分基準ですが、相続人全員が同意すればこれとは異なる割合で財産按分しても構いません。

法定相続分は以下のとおり定められています。

 

相続順位相続人と法定相続分
第1順位配偶者 1/2
子        1/2
第2順位配偶者   2/3
直系尊属1/3
第3順位配偶者   3/4
兄弟姉妹1/4

 

なお、配偶者がいない場合はそれぞれの場合における子、直系尊属、兄弟姉妹が全ての財産をそれぞれ均等按分した割合を相続することになります。

ただ、特に第1順位の場合については、代襲相続人、養子、非嫡出子等の特殊な場合が存在し、この場合は相続割合が複雑になります。

代襲相続の場合

代襲相続人の法定相続分は、相続人となるべきであった被相続人より先に死亡した者の相続分を引き継ぎます。
例えばすでに死亡している子に孫がいるような場合は、孫が代襲相続人になり、孫が複数存在する場合は、すでに死亡している子の相続分の均等割合だけ相続することになります。

養子の場合

養子も法律上は実子扱いのために養子だからと相続財産の法定相続分に差はありません。
ただ、この扱いを相続税で認めてしまうと養子を増やすことで相続税を減らすこともできてしまうので、相続税計算上は養子の数に制限を設けています(あくまで相続税計算上だけのため、何か相続で養子だからと不利になることはありません)。

非嫡出子の場合

非嫡出子は、かつては嫡出子の1/2しか法定相続分がありませんでしたが、法の下の平等に反するからと嫡出子と同様の取り扱いを行うこととなりました。
但し、この取扱いは平成25年9月5日以後に開始した相続について適用となります。

相続における法定相続分

お気軽にお問合せください

お問合せはこちら

不動産の法人化以外の面談は無料

03-5875-0315

営業時間:9:30~17:30(土日祝を除く)

お問合せフォームからは24時間対応

対応地域:東京都23区内とその周辺、千葉県西部他対応となっております。
基本的に亀戸駅・錦糸町駅から訪問時間1時間前後までであれば対応可能です。




 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら